ネットショップの開業の必要性(個人事業主、法人、個人,主婦、未成年、その他誰でも向け) ok

本記事で得られる知識

ネットショップ開業をするか迷っている方向けに必要性、そしてこれだけ存在するお店の数の中で今始めても収益性があるのか?という点について解説します。

記事の前提

とにかくネットショップ運営に興味がある方全員に向けての記事です。

記事の信頼性

筆者はネットショップ運営に精通しています。詳しくはこちら「運営者の紹介

今の時代にネットショップは必要なのか?

実店舗運営と比較すると、ネットショップは圧倒的に効率よく運営することができます。

実店舗を例にあげると場所代の問題です。場所を借りるだけで毎月数万円のお金が出ていくことになります。都心部となれば桁が1つ増えます。

場所代だけでなく、専用のネット回線代、ガス・電気代など何もしなくても数万円、数十万円のお金が逃げていくことになります。

ネットショップの場合、やり方次第でこれらのほとんどが必要ありません。

既にあるモール系EC(楽天・ヤフー)や自社EC系サービス(BASE、shopify)などを利用しますので、それらの固定費はかかりますが、それでもそのうちヤフーショッピングとBASEについては、完全に実績ベース(手数料)で、固定費がかかりません。

となると、誰でも開店状態にすることで、もし売る商品がなかったとしても、一時閉店しても何しても管理に対して自由なコントロールが聞くことになります。

ネットショップで一番大変なのは、入り口である「開店準備」の部分です。開店準備が完了し、開店できる状態まで行くと、その後は売りたい商品を販売できる状態にしていくだけです。

商品の販売準備についても、ページや画像などの見える部分と、注文が入ってから出荷するまでのルーティーンを決めてしまえば、その後は、効率良い出荷方法や、在庫管理・価格管理など抑えるところだけ抑えてしまえば、運営が非常に楽です。

そして、何より出荷体制がきっちり策定できると、商品が売れた時に圧倒的に楽な状態で売上があがることになります。

副業解禁時代に、個人にとって副業手段の1つとなった

昨今、政府が副業を解禁しています。これもかなりの追い風です。

筆者が現在勤務している会社では老舗企業でもあるため、社内規則で未だに副業は禁止になっています。

しかし、法律で副業を禁止しているわけではありませんので、筆者が会社とは別にネット通販を運営したり、コンサルをしたりと、会社に一切知られない状況の下で行っているので、実は意外と簡単に副業はできるのです。

先に書いたとおり、ネット通販は開業できる状態にしてからは非常に楽しく準備することができます。

筆者の場合は「高速化・自動化・効率化」をモットーとしているため、運営しているネットショップで注文が入ると自社倉庫出荷にも関わらず1個の注文につき2分で出荷作業が完了するところまで落とし込んでいます。

物販にも関わらず1個売れると利益率65%の約6500円の利益となっています。個人であってもこのような最適化ができるのも一つの魅力と言えます。

ツールが揃っていて誰でもできる時代になった

無料ツールもたくさん存在し、月額1万円程度の便利なサービスもかなりあります。

受注の一括管理となれば「ネクストエンジン」「クロスモール」などは月額1万円程度から存在し、アマゾンの価格自動化なら「プライスター」「マカド」などは月額約5000円と昔のようにオリジナルのシステムを開発する必要がなく、低価格で利用可能になりました。

大手ネットショップがあるから勝てないんじゃないか?

ネットショップは既に国内だけでも何十万店舗も存在します。

大小関わらずなのでアマゾン、ヨドバシ、セブンネットといった何百億円規模の売上のEC通販もあれば、年間売上が数十万規模の副業的なものまでたくさんあります。

「安いから売れる」ではなく、「買ってみたいと思わせることで売れる」時代に

2010年代前半までは、ネットで商品を販売する場合、ジャンルにもよりますが「安ければ」いくらでも売れる状況がありました。

しかし、今はある程度高くても、販売したい値段と商品の品質に多少の差があったとしても、そこにストーリーを含むことで売れる時代です。

つまり、品質と値段の大きすぎないギャップは、ストーリーや体感をイメージしてもらうと、ギャップに関係なく売れる時代になっているため、どんなストーリーを商品に持たせるか次第で個人が売れる商品を開発できることになります。

また、一度買ってもらって、高い商品評価やSNSでの拡散につながれば、今度は評価が原動力で更に商品の売れ行きが加速していくことになります。

ギャップがありますぎると1回買われても評価が低くなりやすいので販売は伸びませんので、商品の品質・ストーリーと価格がマッチすることを前提に、個人が売れる商品を開発することができます。

大手は個人の迅速な判断についてこれない

大手ネット通販というのは、資本力はあれど「決断力・実行力」については、各部署の手続きをふまないと行けないので、実はスピードが遅いです。

その点、個人であれば決断や方向性の転換、商品の仕様の変更など、瞬間的に判断して、スピーディに対応することができるので、実は個人や零細企業の方が向いている業態でもあります。

広告費をかけなくても、SNSを使って個人が莫大な集客ができる時代になった

商品というのはあくまでできるだけ多くの人の目に触れることで購買力を高めることができます。

大手であれば莫大な費用を使ってテレビCMやネット広告を打つことができますが、個人がとなるとそこまで高い費用はかけられません。

そこで重要になってくるのが、インスタ、Twitter、FacebookといったSNSを使ってフォロワーを集め、そこで商品に関する投稿を行うことで、莫大な集客を行う方法です。

自社ECであればgoogle検索のSEO、モール系ECであればモール内の広告といった、web広告にお金を当日必要性がどんどん薄れてきているのです。

何千人単位ではなく何万人単位のフォロワーが集まると、1回の投稿だけでフォロワー全員に商品の告知を行うことができます。何万人ものユーザーに自分の商品情報を簡単に知らせることができるため、わざわざにお金をかけなくても、個人の割に大手に近い集客を行うことが可能です。

実は、これが個人にも関わらず桁の違う売上をあげる秘策でもあります。

運営管理が大変なんじゃないか?

大変なのは販売できる体制、注文を受けた時に迅速に発送できる体制を作る時だけ

先に書いたとおり、大変なのは開業準備と、注文を受けてからいかに迅速にその商品を、購入者が心地よく受け取れる状態にて梱包して発送できるかの点だけです。

特に出荷作業というのはバックヤード業務と言われ、ネットショップを開業するにあたって、そこそこ軽く見てしまう販売者も少なくなく、それがお店自体の評価を下げる結果にもなり、そして何より「残る利益をへらす」元凶でもあります。

なぜ残る利益をへらすのかというと、バックヤード業務での1件あたりの出荷コストの比重を占めるのが、「人件費と資材」だからです。

注文が入ったときに、品質を維持した状態で梱包を終わらせるために、時間をかければかけるほど「個あたりの人件費は高く」なります。資材についても「人の判断に任せる」状態で出荷作業をしていると、本来適切な資材ではなくコストの高い方を選んで梱包してしまっていたり、また本来丁寧にしないといけない包装が荒くなれば、人件費は浮くかもしれませんが、その分購入者から梱包品質に対する評価は下がります。

倉庫業では「品質と生産性のバランス」という言い方をしますが、この出荷作業を商品ごとにきちんとルーティーンの策定をすることで、正しい資材を最短の時間でチョイスして、効率よく出荷することになり、これが「残る利益を高める」ことに直結します。

当サイトで、筆者のバックヤード業務経験を惜しみなく公開していきますので、できるだけ早い段階で(可能なら最初の段階で)バックヤード業務のルーティーンはきちんと策定しておく必要があります。

ここさえクリアできれば、売上があがればあがるほど、出荷効率がよくなり

スマホで完結できる時代

ネットショップもスマホで管理できる時代になっています。

モール系ECであればアマゾン、楽天、ヤフー、自社EC系もBase,Shopifyもスマホのアプリがありますので、価格管理・在庫管理・顧客管理すべてスマホで簡潔します。

また商品画像撮影も、最新のスマホならどれも高画質で、動画の投稿もできます。

初心者の方は営業所持込を利用することも多いと思いますが、これを前提にしているならば、大和運輸や日本郵便の場合スマホで送り状作成の準備ができたり、日本郵便のクリックポストであればスマホ上で送り状を発行し、スマホを通じてプリンターで印刷することも可能です。

当然ながらメール・電話対応もスマホで簡潔します。

ありとあらゆる業務をスマホで管理できる状況が揃っています。

体制を整えて売れる商品を販売すると、効率よく勝手に売上があがるしくみができる

きちんとポイントを抑えた正しい開業準備を行い、売りたい商品のコンセプトに基づいて画像を撮影、ページ作成し、そして売りたい商品に適切な価格をつけ、SNSで定期的に情報を発信してフォロワーを集めまくって拡大していき(ファンを作る)、販売力を起爆することで、売上を長期的に安定的にあげることができます。

更に、バックヤード業務を「利益を残すための重要業務」という位置づけで、いかに効率よく業務をこなせるようにするかをマネジメントすることで利益率はあがります。

ルーティーン作業が自動化・効率化され、組織が拡大していけば、余計な作業は最短で済みますので、あとは楽しく商品開発をわいわいがやがやしながら進めていって、いい循環をうむことが可能です。

いつでも販売できる状態だけはしておこう

当サイトでは、ネットショップ運営のためのノウハウや手順について、惜しみなく公開していきます。

ネットショップをしたいけど売りたい商品がない、売りたい商品はあるけどどう売ったらわからないなど、ネットショップに可能性を感じているのであれば、ぜひ固定費が無料で済むサービスからでも販売できる状態にさえしておくことはできます。

ネットショップは開店するときの準備が大変で、その後は比較的安定した作業で商品を販売していくことが可能です。

コレを機に、ネットショップを始めていはいかがでしょうか。