英語の早期教育のために必要な親の姿勢とは【コレ間違うとほぼ逆効果です】

本記事で得られる知識

お子さんが英語でコミュニケーションを取れるようになるために必要なことの大前提として、親として持っておくべき意識・姿勢について解説していきます。

記事の前提

日本語以外の環境で最低でも1年以上過ごした経験がない、生まれも育ちも日本・日本語で育ったお父さん、お母さんで、子供が英語を話せるようにしたいと思う、また具体的にどうすればいいかわからないという方向けです。

小さいお子さんをお持ちのお父さん・お母さん向けです。具体的に年齢での上限をお子さんの成長度合いによりますが、感覚で言葉を発せられる0~5歳ぐらいまでがおおよその目安です。言葉を頭で理解して話すようになるまで対象です。

ここでは、どうすればいいのか・何をすればいいのかということではなく、大前提となる親としての子供に対する姿勢について解説します。

早期教育がタイトルですが、「教育」「勉強」という観点の受験英語ではなく、あくまで「コミュニケーション」として自分の考えや気持ちを英語で表現できるための手段としての英語を前提としています。

記事の信頼性

こちらに詳細を記載しています。

子供の英語学習

筆者の信憑性

日本の英語に対する意識が特異なんだという意識

英語に対する意識というのはとにかく、海外のそれと比べると比較にならないほど「ずれている」と感じます。

英語に対して苦手意識がある方が大半なことが主な理由ですが、そのような人たちが大半の社会では英語に対する意識について格差がうまれてきます。「英語ができる人」と「英語ができない(と勘違いしてる)人」の間では、英語を話すことがそもそもすごいという、優劣の意識が生じてしまいます。

もちろん、英語でコミュニケーションが取れるだけで、就職に有利なのは事実であり、また世界に出れば選択肢が広がるわけですから便利ですよね。

ただ、これが限られた人にしかできないのかというと、それは大きな間違いです。

要するに「誰でも英語でコミュニケーションを取ることは可能」です。その大きな証拠が皆さんがこの文章を理解し、日本語で生活をしているからにほかなりません。

英語という言語を使って生活・理解することは今できないけど、日本語という言語を使って生活・理解することが今できているわけで、1つの言語ではそれができてもう1つの言語ではそれができない違いが「能力」ではなく単に「環境」なんです。

したがって、今の時点で親である皆さんが「英語でコミュニケーションが取れない」状況であっても、決して「自分は英語ができないのは早期にそのような環境になかったから」とか「自分は英語が話せないけど」という意識を捨て去りましょう。

その方法は非常に単純です。「自分も話そうとすれば話せるわけで、コツを知らないだけ、継続的に触れる機会を作っていないだけ」という意識から始めたらいいのです。

これは開き直りではなく、「反復・慣れ・環境」次第で誰でも話せるわけですから、この意識になれば子供だけでなく自分自身も英語に対して積極的に向き合って話せる状況に持っていけることにも繋がります。

言語はツールであり、ステータスではない

日本語を皆さんが使う最大の理由は「自分の意思を相手に伝え、相手の気持ちや考えを理解するため」であり、日本国内ではそれを実行する方法が日本語であるが故に日本語を「ツール」として意識することなく当たり前のように使っています。

これと同じく英語も同じ状況にあるべきかなと。

ところが日本が異質な理由の一つは学校で習う英語が何十年と、世界標準であるコミュニケーションという目的ではなく、受験に受かるためというずれた目的で今日まできてしまっているため、本来の「相手が通じればいい・相手が言っていることが理解できればいい」姿勢から、「正しい言い方で○をもらう」姿勢にシフトしてしまってるのです。

よくある典型的な例が「How are you?」と言われた時に99.9%の日本人が、元気でも元気でなくても「I’m fine. Thank you.」と答えることですね。

「How are you?」という言い方も「How are you doing?」「What’s up?」「How have you been?」などそのときでいろいろな聞き方もありますし、答え方だって「I’m good.」「Super」「Fantastic」「Not bad」などなど自分の気分を伝えるので、表現は何でもあってます。「答えが1つ」という概念がある時点で既に「受験英語」と言わざるを得ません。

更に、ここ数年でコミュニケーション重視の動きにシフトしつつありますが、公務員である教師の意識やマインドは変わらずの場合が依然として多く、法律や国の方針がシフトしてもそれがきちんと生徒のマインドまで浸透するのはまだまだ遠いのです。

英語はコミュニケーションを取るツールであるという意識を第一に持ちましょう。

科目として捉えない意識

英語を科目として捉える意識は「受験英語」そのものなのでこの意識は捨ててください。

日本語を話す時、話せるようになった時はどうだったかという意識を持ちながら英語に対して意識すると、受験英語的なものをコミュニケーション的なものとの差がより簡単に意識しやすいのではないでしょうか。

例えば、英語での表現の仕方を説明するときに「三人称単数現在」とか「現在完了」とか、「仮定法過去完了」などという単語を使って日本語で表現できるようになった人はまずいないですよね。

これらの言葉は受験英語そのもので、むしろ「できない人を量産する学習方法」ですから避けたほうがいいでしょう。

子供の成長に合わせる根気と覚悟が必要

英語でコミュニケーションを取れるようにするためには、まず英語で接する・英語で表現する・英語でコミュニケーションを取る環境を作りましょう。

言葉を話すためには「反復」が必要で、1回2回どころか10回20回やっても正しく言えないからといって、諦めたり失望したりすることは、タイミングとしては早すぎるんです。

特に日本的な特異な意識で「自分は英語ができないから子供もできないんだ」という意識なってしまえばそれ以上は続かないでしょう。

お子さんの成長というのはペースが存在しますので、1つ表現できるようになれば次、次また1つ表現できるようになればまた次と、1つに対して何日かかってもいいから、あせらずお子さんのペースに合わせて繰り返し繰り返し、何度も何度も反復する「根気」が大切です。

筆者の場合は幼稚園から小学校にあがるタイミングが、選択肢を増やす最後のチャンスだと感じ、イングリッシュスクール体質・お受験インターナショナル体質ではない、多民族共存のインターナショナルで子供にあった校風を探し、転職・引っ越しまでしました。相当な覚悟が入りましたが、決意して決めたことで親としてできる最後の手段ということで、子供がそのインターナショナルを嫌がって転校したいと言い出す・やりたいことが見つかり別の学校に転校したいと言い出した時に尊重することを大前提に、覚悟を決めた経緯があります。

日本の英語感に囚われない努力が必要

優越感が目的だと絶対にうまくいかない

英語ができることで優越感を得ることが目的で子供にも英語をさせたいという意識で望むと、必ずお子さんはプレッシャーとなって崩れます。

英語ができることへの優越感は、「英語ができるとすごい」社会である日本では通じるかもしれませんが、世界に出ると完全に打ちのめされます。

もっというと、英語はツールなので「英語を話すこと」が武器となるのではなく、あくまで別の特技や得意なことがあったり、将来の目標に向かって、それを「英語で可能性を広げる」ことで武器になります。

繰り返しになりますが、「英語ができることがすごい」のではなく「英語ができると便利で選択肢が広がる」わけです。

親である私達が英語ができることがすごい意識をもってしまうと、必ずお子さんにもその意識が伝染しがちです。

英語でコミュニケーションが取れる状況ができればできるほど、周りの「すごい」という言葉をたくさん受けることにもなります。

意図的にこの状況の中で「すごい」という意識を感じさせない環境も必要になってきます。お子さんが「自分は英語ができるからすごい」という意識を持つことほど厄介なことはありません。

ここ数年の新卒採用においても、「英語ができる無能な人」と「英語ができない有能な人」だと間違いなく後者の「英語ができない有能な人」を採用する傾向があることが分かっています。

理由は英語はツールであって、実際はステータスやスキルではないからです。

答えたことを褒めるより、言葉のキャッチボールで会話を楽しませる意識

これらのことから少しまとめますと、英語をツールとして捉えて接する意識がうまれると、例えば英語でしたことに対して、きちんと答えれた時に「すごい!」とほめることが間違っていることになります。

もちろん、すごいと感じ・思うことは皆さん親であれば自然なことで、決して悪いことではなくて、大切なのは「コミュニケーションを取れる状況にしていく」ですから、こちらが質問して答えたことに対して、共感したり感情を交えて楽しく会話する雰囲気作りのほうがより大切になります。

「すごい」という意識や「すごい」と伝えることでやる気にさせるのではなくて、お子さんが答えたり聞いてきたことに対して、「楽しく答えて・質問して英語での会話を日本語のように自然とした上で、英語での会話を楽しませる」ことで英語で楽しくコミュニケーションする姿勢に持っていくのです。

子供が自発的に英語で表現する環境作りが必要

英語で過ごす時間を増やす意識

英語という言語はツールであり、反復と慣れが必要である点で言うならば、単純に1日あたりで英語に接する時間をどれだけ増やすかということになってきます。

学校や幼稚園・保育園が日本語であるならばなおさら、家にいる時間でできるだけ英語化することは必然となります。

日本語のように存在が気づかないほど当たり前の状況を作る意識

お子さんが嫌悪感を示さないように最大限の意識を持ちましょう。

日本語で生活してる場合、日本語が当たり前すぎて日本語に嫌悪感を持つことはほとんどありません。むしろ喜怒哀楽・好き嫌いを全て日本語で表現するわけですから、話すのがめんどくさいとは思っても嫌悪感を抱くことはありませんし、それは「空気のように当たり前の存在」です。

それに対して、日本語環境の中で、英語の環境を作る場合は「英語が当たり前の存在する」ことってなかなか難しく、「英語」という存在を意識しながら接する中で、嫌悪感を抱いてしまうとそれ以上進展することは非常に難しいです。

存在自体が当たり前の状況である日本語と同じ状況を作るのが大切であり、そのためにはごく自然と英語が聞こえてくる、英語でコミュニケーションを取る状況を意図的に作るようにしましょう。

英語で何かをする機会を増やす意識

英語が自然に存在を感じさせないぐらいに当たり前の状況にするための一つとして、積極的に英語で何かをする機会を増やしましょう。

とはいっても、日本語を母語とした英語を話したい子が大半の場所や、英語を話させたい親御さんが参加するイベントだと、「英語を意識する」イベントとなるので、厳しい言い方ですがそれは入り口では必要でも率先して行くべき対象ではありません。

またイベントの主催者側のスタッフがネイティブスピーカーであっても、それに参加する人たちが日本語を母語とする子たちだと、「英語を意識する」イベントと変わりありませんので、それもまた違います。

英語で何かをする場所というのは、英語を話しながら説明したりする場所や、インターナショナルスクールの生徒が対象の場所などを指します。

そういう、「母語自体が英語」という環境の元で主催されているイベントに積極的に参加するなど、「ごく自然と英語で何かをする機会」を増やす意識も必要となってきます。

これは日本国内のイベントに限ったことではなく、例えば夏休み・冬休みを利用してショートステイでもロングステイでもいいので、海外のサマースクールに参加するなどもいいでしょう。