本記事で得られる知識

一般動詞の基本的な説明と、肯定文(現在形と過去形)についての解説です。

記事の前提

日本のズレた英語教育を受けたせいで、英語は難しくて話せることがすごいと思っている、今英語が全く話せない昭和世代が対象です。

記事の信頼性

カナダ、バンクーバーで5年間生活してました。詳しくはこちら「運営者の紹介

一般動詞の基本イメージ

一般動詞のイメージを一言でいうと「あるアクションをする」「あるステータスを持っている」の意味です。

いくつかに焦点を絞って記事を書いてます。この記事を理解した後、以下の2つに進んでください。

一般動詞は、be動詞以外の動詞を指します。なので、一般動詞より前にbe動詞を理解してから読むとより体系的に理解できると思います。

一般動詞の意味の基本

be動詞以外の動詞が全て一般動詞です。

単語もその意味も多岐に渡っていますが、

主語に関するステータス(状態)や、アクション(動作)を表します。

状態を表す動詞の例

状態を表す一般動詞の場合は、その単語の意味に「○○の状態である」という言い方で説明できるものです。

  • love (~を愛する、~が大好きだ)➡ 「~を愛する状態である」「~が大好きな状態である」
  • belong (~に属する) ➡ 「~に属している状態である」
  • like (~が好き)➡「~が好きな状態である」
  • know(~を知っている) ➡ 「~を知っている状態である」

動作を表す動詞の例

アクション(動作)を表す一般動詞は、以下のようなイメージになります。

  • study (~を勉強する)➡ 「~を勉強というアクションをする」
  • consume (~を消費する)➡ 「~を消費するというアクションをする」
  • use (~を使用する、~を使う)➡ 「~を使うというアクションをする」
  • speak (~を話す)➡ 「~を話すというアクションをする」

動詞の種類

一般動詞には厳密には2種類存在します。

その動詞の後に必ず単語やフレーズを入れないといけない他動詞

そしてその後に単語やフレーズを入れなくてもいい自動詞

の2種類です。

他動詞の例

他動詞は、英和辞書などを見ると、必ず動詞の部分に「他」もしくは「他動詞」という表記、

英英辞典の場合は、他動詞の意味であるTransitive Verbの略である「vt」と表記されています。

この言葉が出てきたら、その動詞の後には必ず単語やフレーズを加えないといけないことになります。

以下はその例です。

 

  • love (~を愛する) ➡ I love you. (loveという単語の後に、愛する対象となる人やモノ(単語かフレーズ)を入れなければいけません)
  • speak(~を話す) ➡ She speaks English (speakという単語の後に、話す対象となる言語(単語かフレーズ)を入れないいけません)
  • use(~を使う) ➡ You use my pen. (useという単語の後に、使う対象となるモノや人(単語やフレーズ)を入れないといけません)

このように、動詞の後に単語を伴う必要があるものが他動詞です。

これは単語ごとに決まっています。

自動詞の例

自動詞は、英和辞書などを見ると、必ず動詞の部分に「自」もしくは「自動詞」という表記、

英英辞典の場合は、自動詞の意味であるIntransitive Verbの略である「vi」と表記されています。

この言葉が出てきたら、その動詞の後には直接単語やフレーズを加えなくてもいい単語となります。

 

以下はその例です。

  • go (行く) ➡ I go. (goという単語の後には目的語を直接置く必要がありません。)
  • run (走る) ➡ She runs. (runという単語の後には目的語を直接置く必要がありません。)
  • look (見る(目に入る)) ➡ You look. (lookという単語の後には目的語を直接置く必要がありません。)

 

このように、英語の中では、動詞の後に目的語を直接置かなくても成り立つのが自動詞です。

とはいっても、普通会話をしていて、いきなり相手に「I go」と言われても

それを言われた相手は「どこに?」と気になると思います。

 

結局、英語はコミュニケーションのためのツール、

相手と会話をするためのツールに過ぎないので、

よりたくさんの情報を文章に盛り込むことになります。

 

自動詞の場合に、表現や情報を付け加える場合には、

前置詞と名詞と一緒に付け足すことで、

表現の深い文章にすることができます。

 

例えば、

  • go (行く) ➡ I go to school.
  • run (走る) ➡ She runs to the goal.
  • look (目に入る、目を通す) ➡ You look at your dictionary.
  • listen(意識的に聞く) ➡ I listen to music.

という具合に、前置詞と一緒に単語を加えることで表現します。

 

一般動詞の使い方(肯定文)

使い方の解説です。

Be動詞でも解説していますが、

質問する言い方を疑問文、

○○じゃないと否定する言い方を否定文と言い、

それとは対象で、単純に「○○だ」という言い方が肯定文

と捉えてもらえたらわかりやすいかなと思います。

 

コミュニケーションの基本は、話をする自分を基準に、

自分が話かけている相手と2人で会話するところから始まります。

そして話をしている張本人である自分(1人目=一人称)と、

話をしている相手(2人目 = 二人称)との会話の中で、

それ以外の人やモノ(3人目以降・3個目以降 = 三人称)

の話題がでてくることになります。

現在を指す言い方(playの場合)

to play tennis.という表現を使って、人称ごとの使い方を解説します。

be動詞では人称によって、is,am,areの使い分けしましたが、

一般動詞の場合はplayとplaysの2つで使い分けをします。

話をしている自分を指す時 ( = 私、僕) I play tennis.
自分が話かけている相手を指す時 (= きみ、あなた) You play tennis.

自分と話をしている相手がいて、会話が成り立つので、自分を指すI play tennisと、話相手を指すYou play tennisは、相対的になるため、常にセットで覚えます。1人称と2人称は動詞の活用は同じです。

次に、上記以外の場合は、1人・1つを指す単数か、2人以上・2つ以上を指す複数で使い分けします。

1人・1つ 2人以上・2つ以上
上記以外を指す時 He/She plays tennis. We/You and I play tennis.

They play tennis.

単数か、複数で切り分けします。

自分を含む2人以上(You and I)も言葉そのまま複数となります。

単数と複数で、動詞の活用が異なるのがわかります。

過去を指す言い方(playの場合)

過去形の場合は、基本的に人称関係なく過去形であるplayedしかないのですが、あえて上記と同じ形で過去形を説明していきます。

考え方としては、現在形であるplay/playsを、過去形であるplayedにして表現します。

話をしている自分を指す時 ( = 私、僕) I played tennis.
自分が話かけている相手を指す時 (= きみ、あなた) You played tennis.

上記以外は以下の表現になります。

1人・1つ 2人以上・2つ以上
上記以外を指す時 He/She played tennis. We/You and I played tennis.

They played tennis.

現在形と全く同じで単数か、複数で区別しますが、

過去形の場合は全ての人称で、過去形は1つしかありません。