本記事で得られる知識

Be動詞の基本的な説明と、現在形の疑問文、そしてその答え方のコツについての解説です。

記事の前提

日本のズレた英語教育を受けたせいで、英語は難しくて話せることがすごいと思っている、今英語が全く話せない昭和世代が対象です。

記事の信頼性

カナダ、バンクーバーで5年間生活してました。詳しくはこちら「運営者の紹介

be動詞の基本イメージのおさらい

be動詞のイメージを一言でいうと「A = B」の、=「イコール」です。

今回は疑問文となりますので、

肯定文の疑問文(質問の仕方)「=(イコール)ですか?」、

否定文の疑問文(質問の仕方)「≠(イコールではない)ですか?」、

そして、その答え方について解説します。

 

Be動詞の解説自体は、いくつかに焦点を絞って記事を書いてます。

この記事は肯定文の疑問文と、否定文の疑問文の両方の解説になりますので、

先にbe動詞の基本(肯定文)be動詞(否定文) を理解してから、

当記事に戻ってくることをお勧めします。

 

ここでの説明は当サイトオリジナルであり、順番を踏んで説明します。

途中で読むのをやめてしまうと本質的な理解に全く繋がらないため、

必ず最後までお読みください。

    be動詞の疑問形の特徴

    一度日本語ベースで説明します。

    be動詞の「疑問文 = 質問をする時の聞き方」なので、

    肯定形の質問なら「○○ですか?」、否定形の質問なら「○○ではないですか?」という聞き方になります。

    そして、その答え方はどちらも「○○です。」か、「○○ではありません」で答えます。

     

    日本語の「はい/いいえ」と、英語の「 Yes/No」は、

    同じように見えて根本的に違っているところがあり、

    通常は「Yes/No」をつけて、「はい、そうです。」「いいえ、違います」という言い方で覚えますが、

    ここでは一旦YesとNoという単語は後回しにして、

    このページの最後の方でYes/No付の解説をします。

     

    繰り返しますが、

    肯定形の疑問文は「○○ですか?」で、答え方は肯定文の「○○です。」か否定文の「○○ではありません。」のどちらか、

    否定形の疑問文は「○○ではありませんか?」で、答え方は同じく、肯定文の「○○です。」か否定文の「○○ではありません。」、

    という回答になることを先に頭に入れてしまいましょう。

     

    is,am,areの肯定形の疑問文の例文

    主語とbe動詞を入れ替えることで、肯定形の疑問文になります。

    そして聞かれた側の答え方は、そうであれば肯定文、そうでないなら否定文で答えます。

    以下では、質問者と回答者の2人がいる前提になります。

    • I am a student. ➡ (質問)Am I a student?  (回答) You are a student. / You are not a student.
    • You are not my hero. ➡ (質問)Are you my hero?  (回答) I am your hero. / I am not your hero.
    • Sam is dancing. ➡ (質問)Is Sam dancing? (回答) He is dancing. / He is not dancing.
    • Kate is so beautiful. ➡ (質問)Is Kate so beautiful?  (回答)She is so beautiful / She is not so beautiful.
    • His name is not Mike. ➡ (質問)Is his name Mike? (回答)It is Mike. / It’s not Mike.

    今度は、否定形の疑問文と、それに対する回答を示してみます。

    • I am not a student. ➡ (質問)Am not I a student?  (回答) You are a student. / You are not a student.
    • You are not my hero. ➡ (質問)Aren’t you my hero?  (回答) I am your hero. / I am not your hero.
    • Sam is not dancing. ➡ (質問)Isn’t Sam dancing? (回答) He is dancing. / He is not dancing.
    • Kate is not so beautiful. ➡ (質問)Isn’t Kate so beautiful?  (回答)She is so beautiful / She is not so beautiful.
    • His name is not Mike. ➡ (質問)Isn’t his name Mike? (回答)It is Mike. / It’s not Mike.

    ※英語の日常会話では、Am not I ~?やIsn’t it~?という言い方は会話上ではまずしないですが、一応ここでは最初のステップということであえて記載しています。会話ではAm I ~? Is it ~?を会話で使います。

    肯定形の疑問文と、否定形の疑問文とをあえて示してみました。

    ここで気づいてほしいのは、どちらの質問の仕方をされても、

    はいといいえの答え方が全く同じという点です。

    was, were の肯定形の疑問文の例文

    次に過去形の場合の疑問文を示してみます。

    例文としては、あえて上記と同じような書き方をしています。

     

    • I was a student. ➡ (質問)Was I a student?  (回答) You were a student. / You were not a student.
    • You were not my hero. ➡ (質問)Were you my hero?  (回答) I was your hero. / I was not your hero.
    • Sam was dancing. ➡ (質問)Was Sam dancing? (回答) He was dancing. / He was not dancing.
    • Kate was so beautiful. ➡ (質問)Was Kate so beautiful?  (回答)She was so beautiful / She was not so beautiful.
    • His name was not Mike. ➡ (質問)Was his name Mike? (回答)It was Mike. / It was not Mike.

    今度は、否定形の疑問文と、それに対する回答を示してみます。

    • I was not a student. ➡ (質問)Was not I a student?  (回答) You were a student. / You were not a student.
    • You were not my hero. ➡ (質問)Weren’t you my hero?  (回答) I was your hero. / I was not your hero.
    • Sam was not dancing. ➡ (質問)Wasn’t Sam dancing? (回答) He was dancing. / He was not dancing.
    • Kate was not so beautiful. ➡ (質問)Wasn’t Kate so beautiful?  (回答)She was so beautiful / She was not so beautiful.
    • His name was not Mike. ➡ (質問)Wasn’t his name Mike? (回答)It was Mike. / It was not Mike.

    ※英語の日常会話では、Was not I ~?やWasn’t it~?という言い方は会話上ではまずしないですが、一応ここでは最初のステップということであえて記載しています。会話ではWas I ~? Was it ~?を会話で使います。

    肯定文にはYesと、否定文にはNoをつける

    ここまで肯定形の疑問文と否定形の疑問文を、現在形と過去形で説明しました。

    そして、ここまでを理解して次に「Yes」と「No」のつけかたの説明になります。

     

    Yesは肯定文に、Noは否定文のみにつけるのが英語のルールです。

    日本語の場合は、「○○ですか?」のはい・いいえと、

    「○○ではありませんか?」のはい・いいえが、

    ごちゃごちゃになることがあります。

     

    「あなたは○○ですか?」➡「はい、○○です。」「いいえ、○○ではありません。」

    「あなたは○○ではありませんか?」➡「はい、○○ではありません。」「いいえ、○○です。」

    という具合です。

     

    ところが、英語では必ず肯定文での返事に「Yes」、

    否定文での返事に「No」を添えるというルールがあります。

     

    これを踏まえて、上記の例文を全てYesとNoをつけて振り返ってみます。

     

    is,am,areの肯定形の疑問文の例文(Yes/No付)

    • (質問)Am I a student?  (回答) Yes, you are a student. / No, you are not a student. ➡ Yes,you are. / No, you are not.
    • (質問)Are you my hero?  (回答) Yes, I am your hero. / I am not your hero. ➡ Yes, I am. / No, I’m not.
    • (質問)Is Sam dancing? (回答) Yes, he is dancing. / No, he is not dancing. ➡ Yes, he is. / No, he is not.
    • (質問)Is Kate so beautiful?  (回答)Yes, she is so beautiful / No, she is not so beautiful. ➡ Yes, she is. / No, she is not.
    • (質問)Is his name Mike? (回答)Yes, it is Mike. / No, it’s not Mike. ➡ Yes, it is. / No, it is not.

    今度は、否定形の疑問文と、それに対する回答を示してみます。

    • (質問)Am not I a student?  (回答) Yes, you are a student. / No, you are not a student. ➡ Yes,you are. / No, you are not.
    • (質問)Aren’t you my hero?  (回答) Yes, I am your hero. / I am not your hero. ➡ Yes, I am. / No, I’m not.
    • (質問)Isn’t Sam dancing? (回答) Yes, he is dancing. / No, he is not dancing. ➡ Yes, he is. / No, he is not.
    • (質問)Isn’t Kate so beautiful?  (回答)Yes, she is so beautiful / No, she is not so beautiful. ➡ Yes, she is. / No, she is not.
    • (質問)Isn’t his name Mike? (回答)Yes, it is Mike. / No, it’s not Mike. ➡ Yes, it is. / No, it is not.

    ※繰り返しますが、あえて違いを説明するために上記の例を出していますが、通常Am not I~?より、会話ではAm I ~?を使います。同じく、Isn’t it ~?➡ Was it ~?、Was not I ~? ➡ Was I ~?、Wasn’t it ~?➡ was it ~?を、日常会話では使用します。

     

    このように、肯定文の答えに「Yes」を、否定文の答えに「No」を添えるイメージとなります。

    そして、全ての文章を言わなくてもいいように、

    省略するように「Yes, I am / No, I’m not」と言っています。

    なので、答え方としては、Yes,I am だけではなく、I amでも通じますし、 Yesでも通じます。

     

    念の為過去形の場合の例も示してみます。

    was, were の肯定形の疑問文の例文(Yes/No付)

    • (質問)Was I a student?  (回答) Yes, you were a student. / No, you were not a student. ➡ Yes, you were. / No, you were not.
    • (質問)Were you my hero?  (回答) Yes, I was your hero. / No, I was not your hero. ➡ Yes, I was. / No, I was not.
    • (質問)Was Sam dancing? (回答) Yes, he was dancing. / No, he was not dancing. ➡ Yes, he was / No, he was not.
    • (質問)Was Kate so beautiful?  (回答) Yes, she was so beautiful / No, she was not so beautiful. ➡ Yes, she was / No she was not.
    • (質問)Was his name Mike? (回答) Yes, it was Mike. / No, it was not Mike. ➡ Yes, it was / No, it was not.

    今度は、否定形の疑問文と、それに対する回答を示してみます。

    • (質問)Was not I a student?  (回答) You were a student. / You were not a student. ➡ Yes, you were. / No, you were not.
    • (質問)Weren’t you my hero?  (回答) I was your hero. / I was not your hero. ➡ Yes, I was. / No, I was not.
    • (質問)Wasn’t Sam dancing? (回答) He was dancing. / He was not dancing. ➡ Yes, he was / No, he was not.
    • (質問)Wasn’t Kate so beautiful?  (回答)She was so beautiful / She was not so beautiful. ➡ Yes, she was / No she was not.
    • (質問)Wasn’t his name Mike? (回答)It was Mike. / It was not Mike. ➡ Yes, it was / No, it was not.

    ※繰り返しますが、あえて違いを説明するために上記の例を出していますが、通常Was not I~?より、会話ではWas I ~?を使います。同じく、Wasn’t it ~?➡ Was it  ~?を、日常会話では使用します。

    まとめ

    今回は、肯定形と否定形の疑問文について、解説しました。

    • Yesは肯定文に添えるように付け、Noは否定文に添えるようにつける。したがって、肯定形の疑問文でも、否定形の疑問文でも、Yes答え方は全く同じになる。