本記事で得られる知識

Be動詞の基本的な説明と、現在形の否定文についての解説です。

記事の前提

日本のズレた英語教育を受けたせいで、英語は難しくて話せることがすごいと思っている、今英語が全く話せない昭和世代が対象です。

記事の信頼性

カナダ、バンクーバーで5年間生活してました。詳しくはこちら「運営者の紹介

be動詞の基本イメージのおさらい

be動詞のイメージを一言でいうと「A = B」の、=「イコール」です。

今回は否定文となりますので、

「≠(イコールではない)」という意味になります。

いくつかに焦点を絞って記事を書いてます。

この記事を最初に見られた方は、be動詞の基本(肯定文) を理解してから、

この記事に戻ってくることをおすすめします。

 

その後、be動詞(疑問文と答え方) をご覧いただければbe動詞についての大枠を理解できると思います。

    be動詞の否定の現在形の基本的な意味

    否定文の、最も基本的な意味は、≠の「イコールではない」「イコールではなかった」です。

     

    is, am , are は現在のことを指すので「イコールではない」、

    was, wereは過去のことを指すので「イコールではない」

    というイメージです。

     

    be動詞の否定文は、is, am, areの後にnotをつけることで現在形の否定文になります。

    is,am,areの否定文の例文

    • I am not a student. ➡ I a student. ➡ 私 一人の生徒 ➡ 私は生徒ではありません。
    • You are not my hero. ➡ You my hero. ➡ あなた 私のヒーロー ➡ あなたは私のヒーローではありません。
    • Sam(He) is not dancing. ➡ Sam(He) dancing. ➡ サム(彼) 踊っている ➡ サム(彼)は踊っていません。
    • Kate(She) is not so beautiful. ➡ Kate(She) so beautiful. ➡ ケイト(彼女) とても綺麗 ➡ ケイト(彼女)はそんなに綺麗ではない。
    • His name is not Mike. ➡ His name Mike ➡ 彼の名前 マイク ➡ 彼の名前はマイクではない(= なら誰?と連想するのが英語的にも普通のマインドです)。

    このようにis,am,areは現在の言い方を指すので、「≠(イコールではない)」という意味で使用します。

    was, were の否定文の例文

    • I was not a student. ➡ I (だった) a student. ➡ 私 (だった) 一人の生徒 ➡ 私は生徒ではなかった。
    • You are my hero. ➡ You (だった) my hero. ➡ あなた (だった) 私のヒーロー ➡ あなたは私のヒーローではなかった。
    • Sam(He) is dancing. ➡ Sam(He) (だった) dancing. ➡ サム(彼) (だった) 踊っている ➡ サム(彼)は踊っていませんでした。
    • Kate(She) is so beautiful. ➡ Kate(She) (だった) so beautiful. ➡ ケイト(彼女) (だった) とても綺麗 ➡ ケイト(彼女)はそんなに綺麗ではなかった。
    • His name is Mike. ➡ His name (だった) Mike ➡ 彼の名前 (だった) マイク ➡ 彼の名前はマイクではなかった(= なら誰だったんだ彼は?と連想するのが英語的にも普通のマインドです)。

    このようにwasとwereは過去のことに対して≠ノットイコールを指すので、「(イコールではなかった)」という意味で使用します。

    Be動詞の使い方(否定文)

    今度は実際に否定文の使い方について解説します。

    現在を指す言い方is,am,areの否定形の使い方

    話をしている自分/自分たちを指す時 I am not

    I‘m not

    自分が話かけている相手/相手全員を指す時 You are not

    You aren’t

    You‘re not

    自分と話をしている相手がいて、会話が成り立つので、自分を指すI am not …と、話相手を指すYou are not…はセットで覚えます。

    それぞれに省略形がありますが、、、、、これも慣れで何度も反復していれば、聞くたびに頭に入ってきますので、とりあえずこんなのがあるとだけ理解いただければと思います。

    そして次に、上記以外の場合は、1人・1つを指す単数か、2人以上・2つ以上を指す複数で使い分けします。

    自分を含む2人以上も言葉そのまま複数となります。

    1人・1つ 2人以上・2つ以上
    上記以外を指す時 He/She/It is not

    My dog is not

    Mike/Sam/Kate/James is not ….

    We/You and I are not

    They are not

    You guys are not

    My dogs are not

    3人目以降・3個目以降の主語は、単数か複数で切り分けします。

    過去を指す言い方was wereの使い方

    考え方としては、現在形と全く同じで、wasかwereに置き換えることで、「イコールでなかった」という表現になります。

    話をしている自分を指す時 I was not
    自分が話かけている相手を指す時 You were not

    上記以外は以下の表現になります。

    1人・1つ 2人以上・2つ以上
    上記以外を指す時 He/She/It was not

    My dog was not

    Mike/Sam/Kate/James was not ….

    We / You and I were not

    They were not

    You guys were not

    My dogs were not

    現在形と全く同じで単数か、複数で切り分けします。