国も自治体も、地震が起きても全員は救えないと考えてます。

今後起きる可能性が高いとされる首都直下型地震。内閣が想定する推定死亡者数は2.3万人

中部・関西地域で今後起きる可能性が高いとされる南海トラフ巨大地震。内閣が想定する推定死亡者数は桁違いの32.3万人です。

沖縄県の那覇市の人口と同じ、東京都新宿区の人口と同じ人数がこの地震でなくなると言われています。

私たちはいざ地震が起きた時に、この死者数に含まれないように今から対策を講じておかなければいけません。

行政が今から対策をするとしても、この人数は死なせてしまうということ。行政でさえ守ってくれない命を守るのは誰か?ということから意識する必要があります。