=IFERROR(チェックする値,エラー時に返す値)

値が一定のエラー状態の時に、別の値を表示する

読み方

イフ・エラー

入力方法と引数

IFERROR(チェックする値,エラー時に返す値)

 

 

引数名 必須 入力種類 入力内容
チェックする値 必須 値またはセル エラーか否かをチェックする値を入力します。
エラー時に返す値 必須 値またはセル エラーに該当する場合に表示する値を入力します。

ポイント

  • エラーでない場合は、チェックする値がそのまま表示されます。
  • エラーに該当するのは、チェックする値が「#DIV/0!][#N/A][#NAME?][#NULL!][#NUM!][#REF!][#VALUE!]のいずれかの場合です。

対応しているExcelのバージョン

2016 2013 2010 2007