=WORKDAY.INTL(開始日,日付,週末,祭日)

指定した開始日から、指定した週末と祭日を除いて、指定した日数分経過した日付(=期日)をシリアル値で表示する。

読み方

ワークデイ・インターナショナル

入力方法と引数

WORKDAY.INTL(開始日,日数,週末,祭日)

引数名 必須 入力種類 入力内容
開始日 必須 文字列,またはセル 計算の起点となる日付をシリアル値または文字列で入力します。
日数 必須 文字列,またはセル 期日までの日数を指定します。
週末 省略可 文字列,またはセル 週末のタイプを以下のように指定します。

  • 1又は省略 : 土と日
  • 2 : 日と月
  • 3 : 月と火
  • 4 : 火と水
  • 5 : 水と木
  • 6 : 木と金
  • 7 : 金と土
  • 11 : 日
  • 12 : 月
  • 13 : 火
  • 14 : 水
  • 15 : 木
  • 16 : 金
  • 17 : 土
祭日 省略可 文字列,セル,配列定数,複数のセル 除外する日付をシリアル値または文字列で指定します。

省略すると、土日だけ除外します。

ポイント

  • 日数は、正の数を指定すると[開始日]よりあと(〜日後)の日付を表示します。
  • 日数は、負の数を指定すると[開始日]より前(〜日前)の日付を表示します。
  • 祭日は除外したいデータをシリアル値で指定します。

対応しているExcelのバージョン

2013 2010