=SUM(指定した範囲)

指定した範囲のセルの数値の合計を計算して表示します。

読み方

サム

範囲の指定で出来ること

  1. 「=SUM(A1:A3)」 : セルA1、A2、A3の合計を求めることができます。
  2. 「=SUM(A1:B3)」 : セルA1、A2、A3、B1、B2、B3の合計を求めることができます。
  3. 「=SUM(A1:A3,C1:C3)」 : セルA1、A2、A3、C1、C2、C3の合計を求めることができます。
  4. 「=SUM(B2,D4,E10)」 : セル同士が繋がっていない、離れたセルを複数指定可能です。
  5. 「=SUM(B2,20)」 : セルの指定と同時に、指定せずに数値自体を合計に含めることもできます。
  6. 指定したセルに数字以外の値(空白や文字)が含まれている場合は無視して、数値だけ合計します。

「:(コロン)」は範囲を指定するのに使い、「,(コンマ)」はセルと範囲を複数指定するのに使います。

複数の範囲と値は、「,(コンマ)」を使って、最大で255個指定できます。

対応しているExcelのバージョン

2013 2010 2007