シャドーイングというのは、聞いている英語の会話文を、聞きながらほぼ同時に自ら声に出していくことを言います。

 

シャドーイングを継続的に行うことで、やればやるほど聞き取れるようになり、リスニング力はもちろんのこと、それまで学んだ単語や文法なども、自ら「これ覚えたな」という感覚を得ながら復習することができる優れものの方法です。これによって口の動きや発音・アクセントなどを鍛えられる効果があります。

 

リエゾンや子音・母音の独立を感覚で覚えていく

ネイティブの例文を会話の後を追う形でついていかなければ、途切れ途切れになってしまいますから、話をしている相手の話している言葉はもちろん、くせやトーンも含めてそのまま追いかけなければいけませんので、その意味では自然と単語と単語がくっついたような発音になる「リエゾン」や子音・母音の独立といった部分が、シャドーイングをすればするほど自然に身についていきます。

 

自らの声を録音して聞きなおすことで出来ていないポイントを絞り込む

シャドーイングは完全に話している声を後を追って「正確に真似る」ことで行います。

 

発音・アクセント力をつけるために行う場合には、頻度は高くなくてもいいのですが、自らの声を録音してみることをお勧めします。発音・アクセントが目的でシャドーイングを行う場合は、CDの例文・DVDといった「繰り返すことができる」ものを使い、その上でシャドーイングしている声を録音して、自ら聞いてみると「ここがおかしい」という苦手な部分がすぐ分かるのです。

 

教材などのCDの例文であれば、文章にした例文がそのままあるでしょうし、DVDの場合は英語の映画に対して英語の字幕がありますから、容易に確認できます。恥ずかしさはあるかもしれませんが、英会話教室などである程度学習量が備わってから試すような場所に行く前の段階で、発音・アクセントを鍛えるのは、確認してくれる相手がいませんからなかなか大変なものです。

 

声を録音して復習することで、出来ていない苦手なポイントを搾り出して、重点的に改善したら、また同じ例文でシャドーイングを行って繰り返すことで、発音・アクセントがみるみる改善していきます。

 

全く別の例文でも、克服した部分と同じ要素が含まれている例文をシャドーイングしてみれば、その部分が身についていることになりますから、この方法で苦手な部分を改善すればするほど、シャドーイングによる発音・アクセントで間違っている部分がどんどん減っていきます。

 

減っていくということは、それだけ発音・アクセントの力が身についてきていますから、いつのまにか「相手がいなくとも」発音・アクセントがかなりよくなっていきます。

 

「コミュニケーション目的」の英語ですから、相手と実際に話して相手に自分がいっていることが正確に伝わっていれば完璧ですので、この方法である程度発音・アクセント力を強化しておき、そして身についた頃に英会話教室に通って試すことで、決して安くはない英会話教室を有効に活用するようにしましょう。